メニューを開く 検索を開く ログイン

公共診療施設の耐震率は91.6%

 2018年11月30日 06:15
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 総務省消防庁は11月26日、防災拠点となる公共施設などの耐震化推進状況調査の結果を発表した。調査対象である地方公共団体(都道府県47団体、市町村1,741団体)が所有または管理する防災拠点となる公共施設など19万642棟のうち、耐震性が確保されている施設は17万7,514棟(93.1%)で、前年より0.9%の増加。公共施設のうち診療施設(災害時の医療救護施設となる病院や診療所)は3,068棟中2,811棟(91.6%)で、前年に比べて2.0%の増加であった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  公共診療施設の耐震率は91.6%

error in template: found but mtif was expected