メニューを開く 検索 ログイン

CAR-T療法、今後の課題は?

2018年12月04日 15:00

7名の医師が参考になったと回答 

 キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法が、がん免疫療法としてようやく脚光を浴びてきた。第56回日本癌治療学会(10月18~20日)では、自治医科大学免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座客員教授の小澤敬也氏が、CAR-T療法の現状と今後の課題について概説した。特定の血液がん患者に対しては著明な効果を示している同療法だが、固形がんに対してはおそらく同療法単独では不十分であり、併用療法の開発が必要と考えられるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  CAR-T療法、今後の課題は?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD517302 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外