メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  高齢者の多剤服用の対策が急務に

高齢者の多剤服用の対策が急務に

 2018年12月05日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者でのポリファーマシーが問題となっており、不要な薬を減らすための取り組みが始まっている。東京大学病院老年病科科長の秋下雅弘氏は、MSDが11月6日に東京都で開催したメディアセミナーで講演し、6種類以上の薬剤を服用していると有害事象の発現頻度が高まると説明。減薬の実現に向けた対策の必要性を訴えるとともに、今後、自身が副理事長を務める日本老年医学会と関連学会が共同で対策を講じていく意向を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  高齢者の多剤服用の対策が急務に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517283 有効期限:12月末まで