メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

高齢者の多剤服用の対策が急務に

 2018年12月05日 06:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者でのポリファーマシーが問題となっており、不要な薬を減らすための取り組みが始まっている。東京大学病院老年病科科長の秋下雅弘氏は、MSDが11月6日に東京都で開催したメディアセミナーで講演し、6種類以上の薬剤を服用していると有害事象の発現頻度が高まると説明。減薬の実現に向けた対策の必要性を訴えるとともに、今後、自身が副理事長を務める日本老年医学会と関連学会が共同で対策を講じていく意向を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  高齢者の多剤服用の対策が急務に

error in template: found but mtif was expected