メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

CKD患者、透析回避の鍵は睡眠

約1,600例を4年間追跡

 2018年12月05日 16:40
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本では、高齢化および生活習慣病の増加に伴い、透析患者が増加の一途をたどっている。透析には高額の医療費を要することもあり、慢性腎臓病(CKD)の重症化による透析導入をいかに阻止するかが喫緊の課題である。大阪大学キャンパスライフ健康支援センター講師の山本陵平氏らの研究グループは、CKD患者を対象に睡眠とCKDの進行による透析導入リスクとの関連を検討。その結果、CKD患者は睡眠の質が低い他、睡眠時間が短いあるいは長いと、CKDの進行により透析に至るリスクが高くなることを明らかにし、Clin J Am Soc Nephrol2018年11月15日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  CKD患者、透析回避の鍵は睡眠