メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん治療薬の効果予測因子を発見

がん治療薬の効果予測因子を発見

オプジーボによる免疫療法の最適化が可能に

 2018年12月07日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブは、がん治療において注目度が高いが、単剤での治療効果は30%前後であり、高額な医療費や副作用の観点から、治療効果の予測法の開発が望まれていた。東北大学大学院皮膚科学分野教授の相場節也氏らは、悪性黒色腫に対するニボルマブを用いた免疫療法において、血清中の治療効果予測因子を世界で初めて発見。ニボルマブ投与6週時点で、3カ月目の治療効果を予測できる検査法の開発に成功したと、Front Oncol2018年11月19日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  がん治療薬の効果予測因子を発見

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517298 有効期限:12月末まで