メニューを開く 検索を開く ログイン

早漏にビタミンD不足が関連か

先天性早漏患者の4割がビタミンD欠乏症または不足

 2018年12月07日 06:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 早漏は頻度の高い男性性機能障害の1つで、有病率は30〜40%に及ぶと報告されている。早漏には多くの因子が関与していると考えられているが、その病因はほとんど解明されていない。このほどエジプト・Cairo UniversityのAlaa Mohamed Abd El aal氏らがビタミンDに注目した研究を実施し、先天性早漏患者の4割にビタミンD欠乏症またはビタミンD不足が認められたことをInt Urol Nephrol2018; 50: 1975-1980)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  早漏にビタミンD不足が関連か

error in template: found but mtif was expected