メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  アレクチニブ、アジア系肺がんでも予後改善

アレクチニブ、アジア系肺がんでも予後改善

未治療ALK陽性非小細胞肺がんを対象とした第Ⅲ相試験ALESIA

 2018年12月07日 06:15
プッシュ通知を受取る

 アジア系の未治療ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした第Ⅲ相試験ALESIAにおいて、第二世代ALK阻害薬であるアレクチニブが第一世代ALK阻害薬クリゾチニブと比べて無増悪生存期間(PFS)を有意に改善することが示され、グローバル第Ⅲ相試験ALEXと一貫した結果が得られた。中国・Sun Yet-Sen University Cancer Center のLi Zhnag氏が欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2018、11月23~25日、シンガポール)で報告した(関連記事:「アレクチニブ、ALK陽性肺がんで4年PFS 52%」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  アレクチニブ、アジア系肺がんでも予後改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517358 有効期限:12月末まで