メニューを開く 検索を開く ログイン

魚中心の地中海食で喘息患児の肺機能が改善

ギリシャで実施されたRCTで判明

 2018年12月10日 06:10
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 小児喘息の改善には健康的な食事が有効であるとされるが、その具体的な内容に踏み込んだ報告がなされた。オーストラリア・La Trobe UniversityのMaria Michelle Papamichael氏らは地中海食に加え、良質な脂肪が豊富に含まれるサケやマス、イワシなどの魚を摂取することで、喘息患児の気道炎症が有意に改善したとするランダム化比較試験(RCT)の結果をJ Hum Nutr Diet(2018年10月30日オンライン版)に発表、「健康的な食事に魚を取り入れることで、小児の喘息の症状を軽減できる可能性がある」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  魚中心の地中海食で喘息患児の肺機能が改善

error in template: found but mtif was expected