メニューを開く 検索を開く ログイン

低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相で証明

進行扁平上皮肺がんに対する長時間投与で予後は同様

 2018年12月10日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 進行扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、低用量(標準用量の4分の1)ゲムシタビンの長時間での投与とプラチナ製剤の併用は、標準用量のゲムシタビン+プラチナ製剤の併用と比べて、全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)は同様で、かつ有害事象の発生も増加しないことが、非劣性を検証する第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)で示された。インド・Tata Memorial HospitalのArun Chandrashekharan氏が欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2018、11月23~25日、シンガポール)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相で証明

error in template: found but mtif was expected