メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相で証明

低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相で証明

進行扁平上皮肺がんに対する長時間投与で予後は同様

 2018年12月10日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 進行扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)に対し、低用量(標準用量の4分の1)ゲムシタビンの長時間での投与とプラチナ製剤の併用は、標準用量のゲムシタビン+プラチナ製剤の併用と比べて、全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)は同様で、かつ有害事象の発生も増加しないことが、非劣性を検証する第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)で示された。インド・Tata Memorial HospitalのArun Chandrashekharan氏が欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2018、11月23~25日、シンガポール)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

池袋暴走事故の被疑者、書類送検へ

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相で証明

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11517378 有効期限:11月末まで