メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  便秘ガイドライン発刊前後での処方薬の変化

便秘ガイドライン発刊前後での処方薬の変化

 2018年12月11日 09:55
プッシュ通知を受取る

19名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2017年)10月に国内初の『慢性便秘症診療ガイドライン(GL)2017』が発刊された。兵庫医科大学内科学消化管科の富田寿彦氏は、実臨床におけるGL発刊前後での便秘薬処方の変化および酸化マグネシウム(MgO)投与例での高Mg血症モニタリングの実態について第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、11月1〜4日)で報告。「大学病院ではGL発刊後の処方薬に変化が見られたが、中規模病院では変化がなかった」と述べた。(関連記事:「日本初の慢性便秘症診療ガイドラインが完成」「慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  便秘ガイドライン発刊前後での処方薬の変化

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08517345 有効期限:8月末まで