メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

肺癌診療GL、2018年版が公開

Ⅳ期NSCLC薬物療法で大幅改訂

 2018年12月11日 16:38
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント(CP)阻害薬の急速な臨床導入に伴い、肺がんの診療体系は大きく変わりつつある。日本肺癌学会が2018年11月に公開した『肺癌診療ガイドライン(GL) 2018年版』では、前回の2017年版刊行後に免疫CP阻害薬に関する新規エビデンスが数多く報告されたことなどを受け、Ⅳ期非小細胞肺がん(NSCLC)への薬物療法を中心に幾つかの改訂が行われた。国立病院機構四国がんセンター呼吸器内科の上月稔幸氏は、第59回日本肺癌学会(11月29日〜12月1日)で、GLの改訂ポイントを説明した。(関連記事:「肺癌診療ガイドライン2017が公表」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺癌診療GL、2018年版が公開

error in template: found but mtif was expected