メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺癌診療GL、2018年版が公開

肺癌診療GL、2018年版が公開

Ⅳ期NSCLC薬物療法で大幅改訂

 2018年12月11日 16:38
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント(CP)阻害薬の急速な臨床導入に伴い、肺がんの診療体系は大きく変わりつつある。日本肺癌学会が2018年11月に公開した『肺癌診療ガイドライン(GL) 2018年版』では、前回の2017年版刊行後に免疫CP阻害薬に関する新規エビデンスが数多く報告されたことなどを受け、Ⅳ期非小細胞肺がん(NSCLC)への薬物療法を中心に幾つかの改訂が行われた。国立病院機構四国がんセンター呼吸器内科の上月稔幸氏は、第59回日本肺癌学会(11月29日〜12月1日)で、GLの改訂ポイントを説明した。(関連記事:「肺癌診療ガイドライン2017が公表」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺癌診療GL、2018年版が公開

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07517375 有効期限:7月末まで