メニューを開く 検索を開く ログイン

抗菌縫合糸は手術部位感染を低減するか

RCTで消化器外科手術全般を対象に検証

 2018年12月12日 17:40
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 手術部位感染(surgical site infection;SSI)は消化器外科手術後に発生する頻度が高い合併症の1つで、入院期間延長や医療コスト増大、患者死亡率上昇と関連する。抗菌剤トリクロサンで被覆した縫合糸(抗菌縫合糸)はSSI低減を目的として創閉鎖に使用されるが、消化器外科手術での有効性については結論が出ていない。自治医科大学さいたま医療センター一般・消化器外科の市田晃佑氏、同科教授の力山敏樹氏らは、抗菌縫合糸を用いた消化器外科手術後のSSI低減効果を検証するための二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果を第31回日本外科感染症学会(11月28〜29日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  抗菌縫合糸は手術部位感染を低減するか