メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

#7119、「つながる」「高精度」実現の取り組み

 2018年12月12日 17:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 救急安心センター事業、いわゆる#7119事業については「なかなか電話がつながらない」など市民から批判されることもあり、改善策が求められている。横浜市医療局医療政策部医療政策課の六車崇氏は、先進的な改善策を進めている横浜市での取り組みを日本救急医学会(11月19~21日)で解説した。改善のポイントとして応答率の改善、プロトコルの精度向上、運用の改善の3つを挙げ、「高い精度のプロトコルを適切に運用することが重要だが、市民のニーズを拾い上げるためには高い応答率が必要になる」と事業の改善には三位一体の取り組みを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  #7119、「つながる」「高精度」実現の取り組み