メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺がん治療薬の心毒性

肺がん治療薬の心毒性

重大な有害事象「心筋炎」の頻度と対策は?

 2018年12月13日 06:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 がん治療における免疫チェックポイント(CP)阻害薬の適応が拡大しつつある一方、免疫CP阻害薬投与例では従来の化学療法薬とは異なる免疫関連有害事象(immune-related adverse events;irAE)が生じることが報告されている。irAEのうち心血管毒性、特に心筋炎は死亡に至る可能性があるため、早期発見・介入が必要と考えられる。ここでは、肺がん治療における分子標的治療薬および免疫CP阻害薬による心血管毒性について、第1回日本腫瘍循環器学会(11月3~4日)で埼玉県立がんセンター呼吸器内科・科長兼部長の酒井洋氏が解説した内容を紹介する。(関連記事「免疫CP阻害薬による内分泌障害指針を公表」「腫瘍循環器学会が始動!」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「医師の働き方改革」(厚労省)で医師の長時間労働は是正されるか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  肺がん治療薬の心毒性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01517406 有効期限:1月末まで