メニューを開く 検索を開く ログイン

小児喘息、肥満解消で1割が予防可能

米・50万例超を解析

 2018年12月14日 06:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国では小児慢性疾患の第1位で、患者数600万~800万例と推定される小児喘息。その予防可能なリスク因子が明らかになった。米国最大の小児医療システムの観察研究・治験ネットワークNational Pediatric Learning Health System(PEDSnet)を用いて、小児50万例超のデータを解析した結果から、肥満児では喘息の約4分の1(23~27%)が肥満と関連していることが示された。米・Duke University/Duke Children's Hospital and Health CenterのJason E. Lang氏らがPediatrics2018; 142: e20182119 )で報告した。健康的な体重を維持することで、2~17歳の喘息の約1割が予防可能という。(関連記事「魚中心の地中海食で喘息患児の肺機能が改善」「気管支喘息の悪化に肥満が関与」「米国小児の半数が35歳時点で肥満に」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  呼吸器 »  小児喘息、肥満解消で1割が予防可能

error in template: found but mtif was expected