メニューを開く 検索

ビッグデータで上部消化管傷害の実態調査

2018年12月14日 06:05

4名の医師が参考になったと回答 

 わが国では社会の高齢化に伴い、低用量アスピリン、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)、抗血栓薬などの使用が増加している。また、これら薬剤の服用に起因する薬剤性上部消化管粘膜傷害についての報告も増加傾向にある。しかし、いずれの報告も症例数に限りがあり、リアルワールドのエビデンスは少ない。佐賀大学消化器内科の鶴岡ななえ氏は、ビッグデータを用いた上部消化管粘膜傷害についての検討結果を第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、11月1〜4日)で発表。「これまでの報告と同様にNSAIDや抗血栓薬などが上部消化管粘膜傷害のリスクとなることが分かった」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  ビッグデータで上部消化管傷害の実態調査