メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  ビッグデータで上部消化管傷害の実態調査

ビッグデータで上部消化管傷害の実態調査

 2018年12月14日 06:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では社会の高齢化に伴い、低用量アスピリン、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)、抗血栓薬などの使用が増加している。また、これら薬剤の服用に起因する薬剤性上部消化管粘膜傷害についての報告も増加傾向にある。しかし、いずれの報告も症例数に限りがあり、リアルワールドのエビデンスは少ない。佐賀大学消化器内科の鶴岡ななえ氏は、ビッグデータを用いた上部消化管粘膜傷害についての検討結果を第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、11月1〜4日)で発表。「これまでの報告と同様にNSAIDや抗血栓薬などが上部消化管粘膜傷害のリスクとなることが分かった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  ビッグデータで上部消化管傷害の実態調査

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05517404 有効期限:5月末まで