メニューを開く 検索を開く ログイン

バイオ後続品の促進には政策面で工夫を

 2018年12月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

 関節リウマチ(RA)の治療にバイオ医薬品(以下、バイオ)が登場し、治療成績が飛躍的に伸びた。RAを含めさまざまな領域でバイオによる治療ニーズは高いが、安価な薬剤ではない。そのような中、バイオ後続品のバイオシミラーが相次いで承認され、医療費の抑制が期待されている。東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター教授の山中寿氏は、バイオシミラーの浸透率が高い諸外国の例を挙げ「国として使用を促進するなら、患者・医療機関・製薬企業にメリットがある医療政策が必要である」と第33回日本臨床リウマチ学会(11月24~25日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  バイオ後続品の促進には政策面で工夫を

error in template: found but mtif was expected