メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  シンバイオティクスの合併症低減作用に期待

シンバイオティクスの合併症低減作用に期待

高度侵襲外科手術を対象とした複数のRCTより

 2018年12月16日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 シンバイオティクス(synbiotics)は、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせた栄養療法であり、腸内環境を効率良く整える手段として注目されている。名古屋大学大学院外科周術期管理学寄附講座教授の横山幸浩氏らは、シンバイオティクスが高度侵襲外科手術後の感染性合併症の抑制に寄与するのではないかと考え、さまざまな消化器手術を対象としたランダム化比較試験(RCT)に取り組んできた。同氏は第31回日本外科感染症学会(11月28〜29日)で一連のRCTの結果を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

気になる新元号、使ってもらいたい一文字は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  シンバイオティクスの合併症低減作用に期待

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P03517363 有効期限:3月末まで