メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  アルツハイマー病の超早期から現れる変化とは

アルツハイマー病の超早期から現れる変化とは

J-ADNI参加の高齢者で検討

 2018年12月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

92名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アルツハイマー病の予防にとって、その前兆をいかに早く捉えるかが重要だ。東京大学大学院神経病理学分野教授の岩坪威氏らは、アルツハイマー病の病理学的変化は始まっているが、認知機能障害の症状は現れていない「プレクリニカルAD」の状態にある日本人高齢者を3年間追跡。その結果、プレクリニカルADの高齢者では記憶検査および遂行機能検査における「学習効果」の喪失傾向が示されたと、Alzheimers Dement2018; 4: 645-651)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「医師の働き方改革」(厚労省)で医師の長時間労働は是正されるか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  アルツハイマー病の超早期から現れる変化とは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01517383 有効期限:1月末まで