メニューを開く 検索を開く ログイン

アピキサバンでがん患者の血栓リスクが低下

 2018年12月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © The Ottawa Hospital

 カナダ・University of Ottawa/Ottawa Hospital Research InstituteのMarc Carrier氏らは、静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクが中~高度で化学療法を開始したがん患者を対象に、直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)アピキサバンのVTE予防効果と安全性を二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験AVERTで検討。その結果、アピキサバン群はプラセボ群に比べて大出血の発生は多かったものの、VTE発症リスクが有意に低下したとN Engl J Med2018年12月4日オンライン版)に発表した。DOACは血栓症リスクの高い患者の予防薬として用いられるが、がん患者では大出血リスクを高めると考えられていた。しかし、今回、適正な患者に低用量を使用すれば有用であることが証明された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  アピキサバンでがん患者の血栓リスクが低下

error in template: found but mtif was expected