メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  新生児脳障害の新規バイオマーカー

新生児脳障害の新規バイオマーカー

LOX-1測定による重症度判定および予後予測の可能性

 2018年12月18日 06:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)は呼吸・循環・中枢神経系不全による新生児仮死に引き続いて生じる病態である。その頻度は約0.25%と新生児の脳疾患の中で最も高く、年間の発生は2,500例に達し、うち約3割が死亡や重篤な後遺症を来すといわれている。国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第2部室長の伊藤雅之氏らの研究グループは、HIEの早期発見につながるバイオマーカーを新たに発見したとJ Pediatr2018年12月12日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  新生児脳障害の新規バイオマーカー

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09517442 有効期限:9月末まで