メニューを開く 検索を開く ログイン

『宇宙兄弟』にちなむALS研究基金受賞者決定

ALSモデルマウス作製に関する研究者3人に

 2018年12月18日 18:50
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 累計発行部数2,000万部を超える人気コミック『宇宙兄弟』に登場し、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を研究するキャラクターの名を冠した、同疾患の啓発、治療薬開発を目的とする「せりか基金」の第2回授賞式が12月14日、東京都で行われた。受賞者は理化学研究所脳神経科学研究センター神経老化制御研究チームの笹栗弘貴氏、東京都医学総合研究所認知症プロジェクト主席研究員の細川雅人氏、慶應義塾大学神経内科専任講師の伊東大介氏。同基金より研究資金として笹栗氏に300万円、細川、伊東両氏には200万円が交付された。3氏は、授賞式でALSモデルマウスの作製に関連する自身の研究内容を説明した(関連記事「コミック発のALS研究基金受賞者決まる」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  『宇宙兄弟』にちなむALS研究基金受賞者決定

error in template: found but mtif was expected