メニューを開く 検索を開く ログイン

食肉への課税で死亡率9%、医療費14%減

赤身肉、加工肉を対象に検討

 2018年12月19日 18:20
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 赤身肉や加工肉には発がん性をはじめさまざまな健康リスクの生じる可能性が指摘されているが〔関連記事「高温調理の赤肉でNAFLD、インスリン抵抗性に」〕、その具体的な死亡リスクや医療費を探る大規模な検討結果が示された。英・ University of OxfordのMarco Springmann氏らは、赤身肉と加工肉に対し健康税を導入することで、世界で年間22万人以上の死亡を抑制し、400億ドルの医療費を節約できる可能性があると報告した(PLoS One 2018; 13: e0204139)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  食肉への課税で死亡率9%、医療費14%減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12517487 有効期限:12月末まで