メニューを開く 検索を開く ログイン

ラマからマルチに効くインフルワクチン開発

 2018年12月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 インフルエンザの予防にはワクチン接種が効果的だが、ワクチンに含まれるウイルス株が流行株と一致しない場合や高齢者および免疫が低下している人では効果が限定的である。この問題を解決しうるワクチンが登場した。米・Scripps Research InstituteのNick S. Laursen氏らは、ラクダ科の動物・ラマから分離した抗体を用いて、H1N1など多様な亜型を持つA型、B型インフルエンザウイルスに対する長期的な予防効果を有する「ユニバーサル抗体」を開発したとScience2018; 362: 598-602)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  健康・公衆衛生 »  ラマからマルチに効くインフルワクチン開発

error in template: found but mtif was expected