メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  胃がん三次治療の新たな選択肢

胃がん三次治療の新たな選択肢

TAS-102の国際二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験TAGS

 2018年12月21日 06:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 2014年に既に大腸がんを適応として承認された経口ヌクレオシド系抗がん薬TAS-102(トリフルリジンとチピラシル塩酸塩の配合剤)について、今年(2018年)8月には「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」に対する適応追加申請が行われた。この申請は、複数の治療歴がある進行・再発胃がん患者に対するTAS-102の有効性・安全性を検証した二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験TAGSの結果に基づく。国立がん研究センター東病院消化管内科医長の設楽紘平氏は欧州臨床腫瘍学会アジア大会(ESMO Asia 2018、11月23~25日、シンガポール)で、同試験の結果をあらためて報告した。なお、同結果の詳細については、Lancet Oncol2018; 19: 1437-1448)に発表されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  胃がん三次治療の新たな選択肢

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05517505 有効期限:5月末まで