メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

進行非小細胞肺がんの新たな標準治療

抗PD-1/ L1抗体+化学療法併用

 2018年12月22日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫チェックポイント(CP)阻害薬である抗PD-1/PD-L1抗体は進行非小細胞肺がん(NSCLC)の治療成績を大幅に改善したものの、単剤治療のみでは限界があると見られている。そのような中、進行NSCLCに対する抗PD-1/PD-L1抗体+殺細胞性抗がん薬(化学療法)併用療法が年内にも国内承認されるとみられている。近畿大学内科学腫瘍内科部門講師の林秀敏氏は、第59回日本肺癌学会(11月29日~12月1日)で免疫CP阻害薬+化学療法併用療法の現状のエビデンスと課題について解説。「NSCLCに対する抗PD-1/PD-L1抗体+殺細胞性抗がん薬の併用療法は、細胞障害性抗がん薬単独療法と比較して有効性が改善することから標準治療になりつつある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  進行非小細胞肺がんの新たな標準治療

error in template: found but mtif was expected