メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

治療の進展見えてきた膠原病

薬剤の開発状況を解説

 2018年12月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 膠原病のうち、全身性エリテマトーデス(SLE)や抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎は、治療薬の登場により健康関連QOL(HRQOL)が改善されようとしている。その理由について、東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学講座リウマチ性疾患薬剤疫学研究寄附部門特任教授の針谷正祥氏は、新しい治療薬によるさらなる炎症抑制作用に加えて、合併症を惹起するステロイド薬の減量が図れるようになりつつあることが挙げられると、第33回日本臨床リウマチ学会(11月24~25日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  治療の進展見えてきた膠原病

error in template: found but mtif was expected