メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  女性アスリートの疲労骨折リスク指標を同定

女性アスリートの疲労骨折リスク指標を同定

 2018年12月26日 10:08
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 慶應義塾大学先進運動疾患治療学寄附講座特任准教授の宮本健史氏らは、女性アスリートの疲労骨折リスクの指標となるバイオマーカーを同定した。56人の女性アスリートを調べたところ、疲労骨折経験者は未経験者に比べ、運動後に高値を示すことで知られているクレアチンキナーゼ(CK)と乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)が有意に高かった。また、骨形成マーカーであるオステオカルシン(OC)と低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)が有意に低いことも判明。これら4項目は女性アスリートの疲労骨折リスクを知るバイオマーカーとして有用と考えられた。詳細はSci Rep2018年12月21日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  女性アスリートの疲労骨折リスク指標を同定

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06517608 有効期限:6月末まで