メニューを開く 検索を開く ログイン

FDA、希少血液疾患で初の治療薬承認

 2018年12月28日 06:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は12月21日、まれな血液疾患である芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)に対する初の治療薬となるtagraxofusp-erzs(商品名Elzonris)を承認したと発表した。BPDCNは悪性の血液疾患で、しばしば白血病に進展する。同薬の治療対象は、小児(2歳以上)および成人のBPDCN患者。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  FDA、希少血液疾患で初の治療薬承認