メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  SSRIが脳梗塞慢性期の神経症状を改善

SSRIが脳梗塞慢性期の神経症状を改善

 2019年01月08日 06:15
プッシュ通知を受取る

60名の先生が役に立ったと考えています。

 慶應義塾大学微生物学・免疫学教室教授の吉村昭彦氏らは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が脳梗塞後のリハビリテーション期に神経症状を改善する可能性を明らかにした。脳梗塞の慢性期に、脳内で特有の制御性T細胞(脳Treg)が大量に集積していることを発見、脳Tregがセロトニンにより増殖・活性化する点に着目し、脳梗塞モデルマウスにSSRIを投与したところ神経症状の改善が見られた。詳細はNature(2019年1月10日オンライン版)に掲載される予定。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「医師の働き方改革」(厚労省)で医師の長時間労働は是正されるか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  SSRIが脳梗塞慢性期の神経症状を改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01518412 有効期限:1月末まで