メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗PD-1抗体、irAE発現後に再開すべきか

抗PD-1抗体、irAE発現後に再開すべきか

 2019年01月09日 09:53
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 非小細胞肺がん(NSCLC)に対する抗PD-1/PD-L1抗体製剤の臨床導入など、免疫チェックポイント(CP)阻害薬は肺がん治療を大きく変えつつある。それに伴って免疫関連有害事象(irAE)の報告件数も増加しているが、irAEから回復後に抗PD-1抗体を再投与すべきか、恒久的に投与を中止すべきかは明らかとなっていない。がん研究会有明病院(東京都)呼吸器センターの北園聡氏は、同院の臨床情報を基にirAE発現後の抗PD-1抗体再投与の安全性を検討した結果、再投与後にirAEの再燃は認められなかったが、新たなirAEが36.4%(22例中8例)で認められたことなどを第59回日本肺癌学会(11月29日〜12月1日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

気になる新元号、使ってもらいたい一文字は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  抗PD-1抗体、irAE発現後に再開すべきか

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P03518430 有効期限:3月末まで