メニューを開く 検索を開く ログイン

高BMIが慢性腎臓病の短期予後を決定か

 2019年01月10日 06:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 近年、血液透析患者において、BMI高値が良好な生命予後と関連するという一見すると矛盾した現象(肥満パラドックス)が注目されている。東京医科歯科大学大学院茨城県腎臓疾患地域医療学寄附講座教授の頼建光氏らの研究グループは、国内の大規模データベースを用いて、透析未導入の慢性腎臓病(CKD)患者約2万6,000人を対象に、BMIと院内死亡率との関連を検討。その結果、透析期の末期腎不全患者だけでなく、透析導入前の保存期CKD患者においてもBMI高値が予後良好となりうることを明らかにし、 PLoS One2018; 13: e0208258)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  高BMIが慢性腎臓病の短期予後を決定か

error in template: found but mtif was expected