メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  A型胃炎拾い上げには病理所見も重要

A型胃炎拾い上げには病理所見も重要

 2019年01月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国におけるA型胃炎の臨床病理学的特徴は明らかでない。松山赤十字病院(愛媛県)胃腸センター消化器内科部長の八板弘樹氏らは、A型胃炎の臨床病理学的特徴を明らかにする目的で行った検討の結果を第26回日本消化器関連学会週間(JDDW 2018、2018年11月1〜4日)で報告。「A型胃炎は臨床像、内視鏡所見に加え、内分泌細胞微小胞巣(ECM)、enterochromaffin-like(ECL)細胞過形成(ECH)、病理学的な逆萎縮などに着目することで拾い上げられる可能性がある」と述べた。〔読み解くためのキーワード:A型胃炎・B型胃炎

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「医師の働き方改革」(厚労省)で医師の長時間労働は是正されるか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  A型胃炎拾い上げには病理所見も重要

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P01518464 有効期限:1月末まで