メニューを開く 検索を開く ログイン

抗うつ薬がレム睡眠行動障害のリスクに

カナダ・McGill大の研究より

 2019年01月14日 07:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 睡眠障害の1つであるレム睡眠行動障害(RBD)は、レム睡眠中に寝言を言う、叫び声を上げる、暴れるといった症状が現れる。パーキンソン病(PD)やレビ−小体型認知症の前駆症状ともいわれるが、その原因には不明な点が多い。カナダ・McGill UniversityのChun Yao氏らは、抗うつ薬の服用や心的外傷後ストレス障害の罹患が、RBDの危険因子である可能性が示されたとNeurology2018年12月26日オンライン版)に発表した。(関連記事「重度レム睡眠行動障害で認知機能低下」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  抗うつ薬がレム睡眠行動障害のリスクに

error in template: found but mtif was expected