メニューを開く 検索を開く ログイン

HIV治療は2剤療法の時代へ

 2019年01月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 HIV感染症治療の基本は、高活性抗レトロウイルス薬の併用療法(HAART)である。カクテル療法と呼ばれ多剤を駆使していた時代もあったが、新薬の登場に伴い併用数が減少し、今年(2019年)刊行予定の『HIV感染症「治療の手引き」』(第22版)では長らく掲載されていた「治療は原則として3剤以上から成る抗レトロウイルス療法(ART)で開始すべきである」の記述が変更される見込みという。横浜市立市民病院感染症内科部長の立川夏夫氏は、第32回日本エイズ学会(2018年12月2〜4日)において、今後重要な選択肢となる2剤療法への期待と課題について知見を交え解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  HIV治療は2剤療法の時代へ