メニューを開く 検索を開く ログイン

減酒ができれば禁煙も?

 2019年01月15日 17:26
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Pe3check ※画像はイメージです

 新年の抱負に禁煙が含まれる人は、酒量を減らすことも考えた方がいいかもしれない。ニコチン代謝速度の指標であるニコチン代謝物比(NMR)は喫煙量と関連し、NMRが高い人は禁煙に困難を伴うことが示唆されている。米・Oregon State UniversityのSarah S. Dermody氏らは、アルコール使用障害(AUD:飲酒による重度障害)治療中の患者を対象に、NMRが飲酒量の変化に伴ってどう変化するかを検討。禁煙したいと考える大量飲酒者は、飲酒量を減らせば禁煙にも有益である可能性が示されたとNicotine Tob Res(2018年12月17日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  減酒ができれば禁煙も?