メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

新技術でパーキンソン病の脳波異常を制御

新規治療法の開発に期待

 2019年01月16日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大阪大学高等共創研究院教授の栁澤琢史氏らの研究グループは、パーキンソン病患者の脳深部に留置した電気刺激治療用の電極から直接脳波を計測して患者にフィードバックすることで、患者自身が脳深部での異常な脳波(β振動)を意図的に制御できる新しい技術を開発。さらに、β振動以外の脳活動がパーキンソン症状に大きく関与する可能性が示されたと、eNeuro2018年12月18日オンライン版)に発表した。今後、脳深部活動の制御によりパーキンソン病の原因が明らかになれば、新しい治療法の開発につながることが期待されるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  新技術でパーキンソン病の脳波異常を制御

error in template: found but mtif was expected