メニューを開く 検索 ログイン

新技術でパーキンソン病の脳波異常を制御

新規治療法の開発に期待

2019年01月16日 06:05

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大阪大学高等共創研究院教授の栁澤琢史氏らの研究グループは、パーキンソン病患者の脳深部に留置した電気刺激治療用の電極から直接脳波を計測して患者にフィードバックすることで、患者自身が脳深部での異常な脳波(β振動)を意図的に制御できる新しい技術を開発。さらに、β振動以外の脳活動がパーキンソン症状に大きく関与する可能性が示されたと、eNeuro2018年12月18日オンライン版)に発表した。今後、脳深部活動の制御によりパーキンソン病の原因が明らかになれば、新しい治療法の開発につながることが期待されるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  新技術でパーキンソン病の脳波異常を制御

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで