メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  大腸内視鏡陰性なら次は10年後で良い?!

大腸内視鏡陰性なら次は10年後で良い?!

 2019年01月16日 06:15
プッシュ通知を受取る

72名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大腸がんスクリーニングの至適間隔については、これまでエビデンスがほとんどなかった。米・Kaiser PermanenteのJeffrey K. Lee氏らは、大腸内視鏡検査の陰性者を対象とした大規模な後ろ向きコホート研究で、その後の大腸がんの発症および関連死について検討した結果、10年後の大腸がんリスクは検査を受けていない人の半分以下であったことをJAMA Intern Med2018年12月17日オンライン版)に発表。検査陰性者では再検診までの間隔を10年とする推奨の妥当性が裏付けられたとした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  大腸内視鏡陰性なら次は10年後で良い?!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518455 有効期限:2月末まで