メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇

腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇

米・移民を対象とした研究で判明

 2019年01月17日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 欧米以外の国から米国に移住した人では、腸内細菌叢の多様性や機能が変化して西欧化することが、東南アジアからの移民を対象とした研究で示された。米・University of MinnesotaのDan Knights氏らは、腸内細菌叢の西欧化は肥満などの代謝性疾患の罹患リスクを高める可能性があるとCell2018; 175: 962-972.e10)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06518469 有効期限:6月末まで