メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇

腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇

米・移民を対象とした研究で判明

2019年01月17日 06:00

4名の医師が参考になったと回答 

 欧米以外の国から米国に移住した人では、腸内細菌叢の多様性や機能が変化して西欧化することが、東南アジアからの移民を対象とした研究で示された。米・University of MinnesotaのDan Knights氏らは、腸内細菌叢の西欧化は肥満などの代謝性疾患の罹患リスクを高める可能性があるとCell2018; 175: 962-972.e10)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  腸内細菌叢の"西欧化"で肥満リスク上昇