メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  CT検査線量は国別に大差、主因は装置使用法

CT検査線量は国別に大差、主因は装置使用法

日本含む7カ国200万件のデータを解析

 2019年01月17日 13:40
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of California, San FranciscoのRebecca Smith-Bindman氏らは、2015~17年に日本を含む7カ国で実施されたCT検査200万件の放射線量データを解析。その結果、CT検査の線量には国によって大きな差があり、その主な原因は患者、施設、装置の種類ではなく、装置の設定・使用方法にあることが示されたとBMJ2019; 364: k4931)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  放射線 »  CT検査線量は国別に大差、主因は装置使用法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02518499 有効期限:2月末まで