メニューを開く 検索を開く ログイン

ベンゾ系薬で肺炎リスク上昇:メタ解析

 2019年01月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 10件の研究、12万超の症例をまとめたメタ解析結果により、ベンゾジアゼピン系薬とベンゾジアゼピン関連薬(BZRD)が肺炎の発症リスクを上昇させると報告された。BZRDによる肺炎発症リスクは研究により結果がまちまちだったが、今回のメタ解析ではBZRD非処方群に比べ1.25倍の発症リスクと有意だった〔オッズ比(OR)1.25、95%CI 1.09~1.44〕。個別の薬剤や服薬時期によっては肺炎発症リスクが上昇しないものもあった。中国・Seventh Hospital of HangzhouのGuo-qing Sun氏らがInt Geriatr Psychiatry2019年1月9日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ベンゾ系薬で肺炎リスク上昇:メタ解析