メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下

世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下

42カ国の動向を予測

 2019年01月17日 13:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大腸がんによる死亡率が2035年までに世界の多くの国で低下する一方、死亡数は増加すると予測された。世界保健機関(WHO)国際がん研究機関(IARC)のMarzieh Araghi氏らは、1989~2016年におけるWHOの死亡データベースを用いて世界42カ国の大腸がん死亡率と死亡数の動向を2035年まで予測。その結果をInt J Cancer2018年12月10日号オンライン版)で報告した。(関連記事「肺がんは発症、死亡とも世界第1位」「大腸がん発症率・死亡率の世界的傾向」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大学入試への英語民間検定試験の導入、どうする?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11518554 有効期限:11月末まで