メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下

42カ国の動向を予測

 2019年01月17日 13:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大腸がんによる死亡率が2035年までに世界の多くの国で低下する一方、死亡数は増加すると予測された。世界保健機関(WHO)国際がん研究機関(IARC)のMarzieh Araghi氏らは、1989~2016年におけるWHOの死亡データベースを用いて世界42カ国の大腸がん死亡率と死亡数の動向を2035年まで予測。その結果をInt J Cancer2018年12月10日号オンライン版)で報告した。(関連記事「肺がんは発症、死亡とも世界第1位」「大腸がん発症率・死亡率の世界的傾向」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  世界の大腸がん死亡率、2035年まで低下

error in template: found but mtif was expected