メニューを開く 検索 ログイン

老化細胞除去薬が特発性肺線維症治療に有望

初の非盲検パイロット臨床試験

2019年01月18日 06:05

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 老化の基本メカニズムを標的とする治療により、加齢性疾患の重症度が軽減する可能性がある。米・Wake Forest School of MedicineのJamie N. Justice氏らは、特発性肺線維症(IPF)患者を対象に老化細胞のアポトーシスを選択的に誘導する老化細胞除去薬の実現可能性を検討する初の非盲検パイロット臨床試験を実施。予備的であるが有望な結果が示されたとEBioMedicine2019年1月4日オンライン版)に発表した(関連記事「特発性肺線維症の"革新的医薬品"」「特発性肺線維症のベスト治療は何か」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  老化細胞除去薬が特発性肺線維症治療に有望

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで