メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

老化細胞除去薬が特発性肺線維症治療に有望

初の非盲検パイロット臨床試験

 2019年01月18日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 老化の基本メカニズムを標的とする治療により、加齢性疾患の重症度が軽減する可能性がある。米・Wake Forest School of MedicineのJamie N. Justice氏らは、特発性肺線維症(IPF)患者を対象に老化細胞のアポトーシスを選択的に誘導する老化細胞除去薬の実現可能性を検討する初の非盲検パイロット臨床試験を実施。予備的であるが有望な結果が示されたとEBioMedicine2019年1月4日オンライン版)に発表した(関連記事「特発性肺線維症の"革新的医薬品"」「特発性肺線維症のベスト治療は何か」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  老化細胞除去薬が特発性肺線維症治療に有望

error in template: found but mtif was expected