メニューを開く 検索 ログイン

腎保護目的での尿酸降下薬投与を初めて推奨

高尿酸血症・痛風ガイドラインが9年ぶり改訂

2019年01月18日 06:00

43名の医師が参考になったと回答 

 日本痛風・核酸代謝学会は、昨年(2018年)12月28日に『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版(2019年改訂)』を刊行した。2010年刊行の第2版から9年ぶりの改訂となる。注目点の1つは、痛風以外の治療目的での尿酸降下薬の投与指針。欧米の主要なガイドラインは、痛風を合併しない無症候性高尿酸血症に対する同薬の投与を推奨していないが、今回の改訂では腎障害を有する患者に対し、腎保護を目的に尿酸降下薬を投与することを「条件つきで推奨する」初めての指針を示した。一方、心血管保護を目的とした同薬の投与は積極的には推奨できないと判断した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  腎保護目的での尿酸降下薬投与を初めて推奨