メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】会員規約改定のお知らせ(会員規約プライバシーポリシー

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  脳内アロマターゼ量が性格に影響する

脳内アロマターゼ量が性格に影響する

 2019年01月19日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 女性ホルモン産生酵素アロマターゼの脳内での産生量は攻撃性・協調性といった性格に関係することが分かった。陽電子放射断層撮影(PET)による画像分析で明らかになったのもので、女性では扁桃体でのアロマターゼ産生量が多いほど攻撃性が高く、男女ともに視床での産生量が多いほど協調性が低かった。脳内のアロマターゼ産生量が自閉症スペクトラム障害などの発達障害に関わっているとされていることから、今回の知見は発達障害の治療法開発につながるものと考えられる。詳細はSci Rep2018; 8: 16841)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  脳内アロマターゼ量が性格に影響する

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

登録キャンペーンのご案内
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04518550 有効期限:4月末まで