メニューを開く 検索を開く ログイン

化学療法後にまれな白血病が増加

ほぼ全ての固形がんでリスク上昇

 2019年01月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 がんの治療はこの数十年間に大きく進歩し、多くのがん種で患者の生存期間が延長している。その一方で、ほぼ全ての固形がんにおいて化学療法後に治療関連骨髄異形成症候群/急性骨髄性白血病(tMDS/AML)の発症リスクが高まることが、米国の地域住民を対象とした大規模なコホート研究から示された。米国立がん研究所(NCI)のLindsay M. Morton氏らがJAMA Oncology2018年12月20日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  化学療法後にまれな白血病が増加

error in template: found but mtif was expected