メニューを開く 検索 ログイン

化学療法後にまれな白血病が増加

ほぼ全ての固形がんでリスク上昇

2019年01月20日 06:00

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 がんの治療はこの数十年間に大きく進歩し、多くのがん種で患者の生存期間が延長している。その一方で、ほぼ全ての固形がんにおいて化学療法後に治療関連骨髄異形成症候群/急性骨髄性白血病(tMDS/AML)の発症リスクが高まることが、米国の地域住民を対象とした大規模なコホート研究から示された。米国立がん研究所(NCI)のLindsay M. Morton氏らがJAMA Oncology2018年12月20日オンライン版)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  化学療法後にまれな白血病が増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD518539 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外