メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢がん患者、診断前に心臓発作や脳卒中

診断1カ月前がリスクのピークに

 2019年01月21日 06:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images Rawpixel ※画像はイメージです

 がんを発症した高齢者は、そうでない高齢者と比べて、がんと診断される前の数カ月間に心臓発作や脳卒中を起こすリスクが高く、診断前1カ月がリスクのピークであることが、米国の地域住民ベースの後ろ向きコホート研究から示された。米・Weill Cornell MedicineのBabak B. Navi氏らがBlood(2018年12月21日オンライン版)に発表。特に肺がん、大腸がん、進行がんでは、動脈に生じた血栓が原因となる心臓発作や脳卒中のリスクが上昇していた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  高齢がん患者、診断前に心臓発作や脳卒中

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12518573 有効期限:12月末まで