メニューを開く 検索 ログイン

高齢がん患者、診断前に心臓発作や脳卒中

診断1カ月前がリスクのピークに

2019年01月21日 06:15

9名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images Rawpixel ※画像はイメージです

 がんを発症した高齢者は、そうでない高齢者と比べて、がんと診断される前の数カ月間に心臓発作や脳卒中を起こすリスクが高く、診断前1カ月がリスクのピークであることが、米国の地域住民ベースの後ろ向きコホート研究から示された。米・Weill Cornell MedicineのBabak B. Navi氏らがBlood(2018年12月21日オンライン版)に発表。特に肺がん、大腸がん、進行がんでは、動脈に生じた血栓が原因となる心臓発作や脳卒中のリスクが上昇していた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  高齢がん患者、診断前に心臓発作や脳卒中

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD518573 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外