メニューを開く 検索を開く ログイン

サルコペニアが嚥下機能と関連

 2019年01月22日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 2型糖尿病患者において、誤嚥性肺炎を含む肺炎は死因の約12%を占め(J Diabetes Investig 2017; 8: 397-410)、肺炎による死亡率は加齢に伴い上昇する。嚥下機能の低下は誤嚥性肺炎の重要なリスク因子の1つに挙げられ、舌圧の低下との関連も指摘されている。京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学の橋本善隆氏、教授の福井道明氏らは、高齢2型糖尿病患者を対象とした横断研究を実施。その結果、舌圧の低下がサルコペニアと関連することを示し、第22回日本病態栄養学会(1月11~13日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  サルコペニアが嚥下機能と関連

error in template: found but mtif was expected